第15回新潟ジャズストリート(5) 越後ジャズ戯団【市民プラザ】


第15回新潟ジャズストリート(NJS)のライブレポート、再び市民プラザ(NEXT21 6F)で開催された【新潟市共催:BIGBAND JAZZ CONCERT】の模様です。

越後ジャズ戯団は、フロント6人にリズム・セクション3名という9人編成のバンド。

ソフトなアンサンブルを前面に押し出した、昨今珍しいバンドであります。

第15回新潟ジャズストリート(5) 越後ジャズ戯団【市民プラザ】

冬にソフトな「ウエスト・コースト風味アンサンブル」を鑑賞するのもいいものですね。

1月23日(土)「第15回新潟ジャズストリート」当日の古町など

古町の「みやこや」で夕食代わりに一杯引っ掛けてから会場入りしたので、演奏の頭は聞き逃してしまいましたが・・・長丁場なんでご勘弁を。

第15回新潟ジャズストリート(5) 越後ジャズ戯団【市民プラザ】

★20:00-21:00 越後ジャズ戯団【新潟市共催:BIGBAND JAZZ CONCERT】

途中からですが、メモに残ってる曲をご紹介しておきましょう。

司会のチャーリー高坂さんからD・エリントン・ナンバーのリクエストがあったとのことで、急遽演奏された「Take The A Train」。

トロンボーンのソロ、セカンドリフ、転調してからのアンサンブルなど聴き応え満点だった「Footprints (Wayne Shorter)」。

第15回新潟ジャズストリート(5) 越後ジャズ戯団【市民プラザ】

アンコール前には、ジャズ喫茶世代には懐かしい「500 Miles High (Chick Corea)」。

アンコールにはサンバ調のアレンジで、「Misty」を演奏しておりました。

ちなみに、ベースの東聡志さんは、からかみ屋の『Fabio Bottazzo & 東聡志』で、ピアノの細木久美さんは、ジャズフラッシュの『八木ブラザーズ7』で演奏されてましたね。

第15回新潟ジャズストリート(5) 越後ジャズ戯団【市民プラザ】

越後ジャズ戯団:
細木紀克(tp) 中林直毅(tp) 土田克雄(tb) 田辺徹(b-tb) 南雲麻美(sax) 渡辺憲司(sax) 
細木久美(p) 東聡志(b) 板井正行(ds)

会場:市民プラザ( NEXT21 6F)
住所:新潟市西堀通6
電話:025-226-5500

次回は【コーヒーショップ 器】での、『長沢好宏クインテット&近藤淳』です。

それではー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。